株式会社 吉高綜合設計

耐火木造建築とは

耐火木造建築とは

戻る

耐火木造建築とは、枠組壁工法(ツーバイフォー工法)による耐火構造の木造建築のことを言います。

各構造の部位を規定の仕様で耐火被覆して(覆う、囲うこと)、施工する建築のことを指します。

2004年(平成16年)に(社)日本ツーバイフォー建築協会とカナダ林産業審議会の共同により、枠組壁工法(ツーバイフォー工法)による「耐火構造認定」(表①)を国土交通省から取得したことにより、防火地域をはじめ、厳しい耐火建築の制限が設けられている高齢者向け施設等、様々な建築物へ耐火木造建築の道が開かれました。(表②)

表①

建築基準法第2条、第7号ならび同法施行令第107条の規定に基づく耐火構造の国土交通大臣認定
(※2004年4月時点で取得しているもの
構造部位 認定番号
外壁耐力壁の1時間耐火構造 FP060BE-0006
間仕切壁耐力壁1時間耐火構造 FP060BP-0005
FP060BP-0006
床の1時間耐火構造 FP060FL-0016
屋根の30分耐火構造 FP030RF-0054
階段の30分耐火構造 FP030ST-0002

 

※詳細の構造方法の名称等は日本ツーバイフォー建築協会のホームページに掲載されています。

 

表②

「耐火構造認定」を受けて建築可能となった用途

①延床面積が3,000㎡を超える建築物、または地階を除く階数が4以上の建築物 (建築基準法第21条)

②3階建て以上の特殊建築物(学校、病院、ホテル、共同住宅など) (建築基準法第27条)

③防火地域の100㎡を超える建築物、または地階を除く階数が3以上の建築物 (建築基準法第61条)

④準防火地域1,500㎡を超える建築物、または地階を除く階数が4以上の建築物 (建築基準法第62条)

⑤上記建基準法以外の法令等により耐火建築物が要求される高齢者施設や保育園等

 

札幌の時計台
札幌の時計台